東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト

最新ニュース

2017:10:12:10:20:21

第4回SSWスタンダード学習会を開催します!

2017:09:11:11:42:51

第3回SSWスタンダード学習会を開催します

2017:06:27:15:48:06

第2回SSWスタンダード学習会を開催します

2017:05:31:10:51:50

「子どもの居場所づくり」

2017:05:28:07:47:27

「問題解決型ケース会議学習会」(初級編)を開催し・・・

2017:05:09:17:08:18

【八王子市】貧困と学校教育・教育支援に関する校長・・・

2017:04:22:18:16:57

【湯浅誠さん】第1回公開学習講座を開催しました

2017:03:05:21:14:42

スクールソーシャルワーク実践スタンダード(試用版・・・

2017:03:01:12:07:57

「プロフェッショナルと元気に学びあう"貧困"学習・・・

2017:02:23:10:50:22

平成28年度成果報告シンポジウムを開催しました!

2017:02:05:19:42:17

平成29年度東京学芸大学放課後児童クラブ入所者募・・・

2016:08:03:10:41:26

2016CCSS研究会Vol.1を開催します。

2016:06:20:15:29:40

6/19(日)小金井市公開シンポジウムを開催しま・・・

2016:06:08:09:55:50

小金井市公開シンポジウムを開催します

2016:05:18:10:30:22

毎日新聞にて小金井市での学習支援活動の取組が紹介・・・

2016:04:22:17:07:25

平成27年度パッケージ型支援プロジェクト報告書を・・・

東京学芸大学 パッケージ型支援プロジェクト

ccss_project_zuhan_v3 東京学芸大学では,平成27年度より文部科学省特別経費「大学の特性を生かした多様な学術機能の充実」事業として,「附属学校と協働した教員養成系大学による『経済的に困難な家庭状況にある児童・生徒へのパッケージ型支援に関する調査研究プロジェクト』」に取り組んでいます。社会・経済的に困難な環境にある子どもたちを、「護る」とともに「確かな力を育む」ために、実践的教育課題の研究を担う附属学校と協働して、教員養成大学・教育系学部における効果の高い支援の取組のモデル開発を行うとともに、教員・教育支援者養成の質を高めることが目的です。

 本プロジェクトは,学内に設置されたCCSS(児童・生徒支援連携センター)を中心に進められています。

  • twitter