東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト

令和2年度プロジェクトシンポジウム開催のお知らせ

東京学芸大学コンソーシアム型プロジェクトでは、令和2年度の成果報告シンポジウムを行います。

テーマ「子どもの困難と学習保障〜教育協働は子どもを救えるのか〜」
日時:2021年3月20日(土)13:00-17:00
開催形式:オンライン開催

シンポジウムの内容については、以下、シンポジウムチラシをご覧ください。

令和2年度CCSSシンポジウムチラシ

参加申し込み受付中です。
チラシ内QRコード、もしくは、以下より入力フォームに参加情報をご登録ください。

参加申し込み登録フォームへ進む

ご登録いただいた方には、後日オンラインの参加用URLをお送りします。(zoomでの開催を予定しております)

※東京学芸大学 子どもの社会資源格差を乗り越える教育協働システムに関するコンソーシアム型研究開発プロジェクト(通称:コンソーシアム型プロジェクト)は、平成27年度から令和元年度までの5年間取り組んできたパッケージ型支援プロジェクトの後継プロジェクトとして、令和2年度から開始した研究プロジェクトです。

  • twitter