東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト

東京学芸大学放課後児童クラブ

東京学芸大学放課後児童クラブについて

東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクトでは、平成28年度から令和元年度までの間、東京学芸大学附属小金井小学校の児童を対象とした「東京学芸大学放課後児童クラブ」を実施し、放課後を中心とした学校外教育のあり方や人材養成・地域貢献の仕組みについての研究開発を行ってまいりました。
「東京学芸大学放課後児童クラブ」はパッケージ型支援プロジェクトの終了(令和2年3月31日)に伴い一度終了となりますが、東京学芸大学では、令和2年度よりこどモードハウスにおいて放課後教育を実施する事業の業務委託を行い、これまでの研究成果を継承しながら引き続き実践研究を進めていくこととなりました。

 

具体的な研究の内容については、業務委託先の株式会社パソナフォスターが開催する以下の説明会の際にもお話しさせていただく予定です。

2020年
2月29日(土) 10時00分〜11時00分
3月2日(月)  13時30分〜14時30分
3月7日(土)  10時00分〜11時00分

場所 東京学芸大学 こどモードハウス(グラウンド門入って左手、学芸の森保育園右隣です。)
会場が以下に変更になりました。
東京学芸大学講義棟C402教室

 

 

 

「東京学芸大学放課後児童クラブ」が始まります!

この度、平成27年度に実施した全国附属学校調査に基づき、附属学校との連携による学童設置が及ぼす周辺地域への貢献の度合いと、貢献度合いを高める学童運営、業務内容のあり方に関する研究開発を進めるために、平成28年度から、附属小金井小学校等に通う児童を対象とした「東京学芸大学放課後児童クラブ」を、学内の「こどモードハウス」にて開設することとなりました。

この取り組みは、平成27年度中に「NPO法人東京学芸大こども未来研究所」との協働・研究連携によって行われた、放課後児童クラブ実施のための試行的事業「学芸大小金井アフタースクール」の成果を踏まえ、運営主体となる業務委託先と東京学芸大学児童・生徒支援連携センターが連携・協働し、以下のような研究開発活動を行いながら、子どもたちの有意義な放課後の時間を支えようとするものです。

  • 附属学校への学童設置が及ぼす周辺地域への貢献の度合い調査
  • 貢献度合いを高める学童運営、業務内容のあり方に関する研究開発
  • 放課後児童クラブ活動への学生参加を利用した「サービスラーニング」の研究開発

 

「東京学芸大学放課後児童クラブ」に参加されるみなさまがたにつきましては、ご理解とご協力を賜りますようお願いできましたら幸いです。よろしくお願い申し上げます。

  • twitter