東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト

大学・学校関係者の方

 国立大学法人東京学芸大学は,大学・附属学校と公立学校との協働による、社会・経済的に困難な状況にあるこどもの支援のモデル開発を行っています。他の多くの大学とその成果を共有したり、また、各大学での取組を共有させていただくことで、全国の大学・附属学校の教育機能と社会貢献機能をより高度化させ、全国の教育系大学・学部がより高度な社会の負託に応えることができるように、その一助としてこのプロジェクトが少しでもお役に立てることを心より願っています。情報の交換や協働的な取組へのお問い合わせなどがございましたら、いつでも児童・生徒支援連携センターにご一報ください。

先生方の声

児童・生徒の声

2 / 212
  • twitter