東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト

フォーラム

令和2年度プロジェクトシンポジウム開催のお知らせ

東京学芸大学コンソーシアム型プロジェクトでは、令和2年度の成果報告シンポジウムを行います。

テーマ「子どもの困難と学習保障〜教育協働は子どもを救えるのか〜」
日時:2021年3月20日(土)13:00-17:00
開催形式:オンライン開催

シンポジウムの内容については、以下、シンポジウムチラシをご覧ください。

令和2年度CCSSシンポジウムチラシ

参加申し込み受付中です。
チラシ内QRコード、もしくは、以下より入力フォームに参加情報をご登録ください。

参加申し込み登録フォームへ進む

ご登録いただいた方には、後日オンラインの参加用URLをお送りします。(zoomでの開催を予定しております)

※東京学芸大学 子どもの社会資源格差を乗り越える教育協働システムに関するコンソーシアム型研究開発プロジェクト(通称:コンソーシアム型プロジェクト)は、平成27年度から令和元年度までの5年間取り組んできたパッケージ型支援プロジェクトの後継プロジェクトとして、令和2年度から開始した研究プロジェクトです。

【緊急のお知らせ:シンポジウムの開催延期について】

2020年2月24日(月)に予定しておりました、パッケージ型支援プロジェクトシンポジウム「こどもの貧困とチームアプローチ」は、は新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、皆さまへの感染予防という観点から「開催延期」とさせていただきたく、ご案内申し上げます。延期後の日程は後日、以下にてお知らせいたします。

・東京学芸大学HP
https://www.u-gakugei.ac.jp

・東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクトHP
(当ページ)

今回、直前のご案内となり、参加申し込みいただきました皆さまには多大なご迷惑をおかけすることとなりました。心より陳謝いたします。何卒、ご理解・ご了承くださいますようお願いいたします。

パッケージ型支援プロジェクト
主査 松田恵示(東京学芸大学副学長)

CCSSフォーラムVol.1
「経済的に困難な状況にある児童・生徒への 教育支援を考える」を開催しました。

DSC_0030

 東京学芸大学では、2015年6月10日に「経済的に困難な状況 にある児童・生徒への教育支援を考える」と題してフォーラムを開催しました。子どもの貧困問題に詳しい首都大学東京の阿部彩先生をお招きし、会場の合同棟1階大教室には、80名を超える参加者が集まり、立ち見も出るほどの盛況となりました。松田恵示センター長が司会、出口利定学長が開会挨拶を行ないました。第1部の阿部彩先生によるキックオフレクチャーでは、これまでの貧困に対する認識を覆すような「若者の貧困化」や、現代の「貧困を取り巻く複雑性」、さらには学校が「排除のメカニズム」の一端を担ってしまう可能性など、衝撃的な事実がデータとともに示されました。そのような中で、「包摂する学校」像、社会福祉と教育の連携による可能性など、これからの教育のあり方、教育支援のあり方への提案も出されました。第2部では、児童・生徒支援連携センター専任教員の柏原寛准教授による教育現場での教育支援の実践報告からはじまり、会場の大学教員、学生、地域の教育支援者からの質疑、意見が出されるなど、活発な議論が行われました。松田恵示センター長がディスカッションを総括し、菅野敦副学長による挨拶により閉会しました。

  • twitter