東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト

イベント

【湯浅誠さん】第1回公開学習講座を開催しました

 

東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクトでは、本学・養護教育講座との共催で、『プロフェッショナルと元気に学びあう”貧困”学習講座』の第1回(平成29年4月22日)を開催しました。

第1回は社会活動家・法政大学教授の湯浅誠さんによる講座でした。

学習講座は、湯浅さんによる講話とグループを組んで行うワークショップを交互に繰り返していく形式で進められ、参加者は、

 

 

  1. 貧困に関するイメージ
  2. 貧困や「溜め」ということをどう伝えるか
  3. 貧困に対して自分達に何ができるか
  4. 自分の思いを伝える

 

というテーマについて、それぞれ湯浅さんのお話から学び、グループでの対話・活動を通じて考えを深めました。

 

「貧困とは、ただお金がないという「貧乏」とは違い、「孤立」を含んでいる」、「がんばろうとすることが可能になる状態(「溜め」)が奪われている人たちもいて、それは、個人の自己責任によるものでは決してない。」「誰もが一人一人ストーリーを持っていて、それが可視化されると他者のことや自分のことに気づいていく」といった湯浅さんの印象深いお話は、参加者にとって多くの学びをもたらすものでした。

 

また、講座の終盤では、本学学生・教職員、地域の行政職員、小金井市民など、約80人の多様な立場の参加者が、それぞれ自分のことについてスピーチをしあい、思いを伝え合うことを通じて、他者理解を深めました。

 

グループワークの様子

 

次回のCCSS公開学習講座は、

5/28(日)13:00- 東京学芸大学講義棟 S410教室にて、

NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク・事務局長の天野敬子さんをお呼びし、子ども食堂の取組を通じた「子どもの居場所づくり」について学びます。

皆様のご参加をお待ちしております。

「プロフェッショナルと元気に学びあう”貧困”学習講座2017」

第1回の様子

 

東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクトでは、

「プロフェッショナルと元気に学びあう”貧困”学習講座2017」を開催しています。

 

 

この学習講座では、学外の様々なプロフェッショナルをお呼びし、貧困について様々な角度から学び、考えます。

学外の方もご参加できますので、奮ってお申し込みください。

 

参加申し込みはこちらから(入力フォームにジャンプします)

https://goo.gl/forms/gXaXb0ZeM80d4yff2

平成28年度成果報告シンポジウムを開催しました!

東京学芸大学は、平成29年2月19日(日)、「附属学校等と協働した教員養成大学による『経済的に困難な家庭状況にある児童・生徒』へのパッケージ型支援に関する調査研究プロジェクト」〜 教育支援の循環が創りだす包摂型社会をめざして 〜 と題して、東京国際フォーラムを会場にシンポジウムを開催しました。

このシンポジウムは、文部科学省特別経費「大学の特性を生かした多様な学術機能の充実」事業として「附属学校と協働した教員養成系大学による『経済的に困難な家庭状況にある児童・生徒』へのパッケージ型支援に関する調査研究プロジェクト」によるもので、2年目となる平成28年度の活動報告等が行われ、会場には北は北海道、南は九州、沖縄までと、各地からの参加をいただきました。

基調講演では、文部科学省生涯学習政策局参事官付参事官補佐の野口宏志氏より、「子どもの貧困と教育支援」と題して、政府の貧困対策の推進等について講演をいただきました。

プロジェクトの成果報告では、第一部「子どもの貧困と学校に関わる調査分析・理論提示について」、第二部「包摂型社会を創りだす教育支援モデルの開発について」、第三部「包摂型社会の担い手となる学校教員・教育支援者の養成」について、取り組みに関する詳細な報告が行われました。

各部毎のパネルディスカッションでは、それぞれの視点から貴重な意見を頂戴し、また、会場の参加者からも活発な発言があり、盛況のうちに閉会しました。

シンポジウム終了後には情報交換会が開かれ、講演者と参加者の間で交流を深めました。

東京学芸大学では、これからも教育現場との協働的な取組を通した、教育研究活動と社会貢献活動に取り組んで参ります。

プログラム

 

「2016第1回CCSS学生総会」を実施しました

2016年10月19日に、各連携協力校で活動している学生メンバーによる、活動のリフレクション会を実施しました。

 

日頃から各チームでの振り返りやディスカッションの機会はありますが、学年も専攻も異なるCCSSの学生メンバーが、学内で一堂に会することはそう多くはありません。

今回の総会では、これまで活動を続けてきた学生はもちろん、CCSSの活動に興味がある学生や子どもの貧困問題に興味のある学生など、初参加の学生も含め熱い議論が交わされる貴重な場となりました。

第1回学生メンバー総会は、

  1. 各学校での活動報告
  2. 各学校チーム内でのディスカッション
  3. 他チームとの意見交換(ワールドカフェ)

というような構成で行われました。

 

img_3442

各チームでの課題意識や成功事例を共有し、今後の活動をさらに良いものにするにはどのような行動を起こせば良いのか、どのようなことを心がければ良いのかといったことについて、様々な意見が出されました。
ワールドカフェでは、各チームの共通項を探り、また、各学生が新たな視点を発見することもできました。

 

さらに、総会の後には懇親会も開催されました。

こちらも話が尽きず非常に盛り上がり、学年・専攻を超えたメンバー同士のつながりを築く楽しい会になりました。

 

 
CCSSでは、今後も定期的に学生が集まりアイデアや課題等を交換できる場を設け、活動についてより深く意見を交わしていきながら、学校現場での活動を通じて子どもたちの支援に貢献していきます。

 

8/7(日)「問題解決型ケース会議」学習会 開催

img_3302

 

「問題解決型ケース会議」の学習会

東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクトでは、社会・経済的に困難な家庭状況にある子どもを支援するためのネットワーク形成や、学校の「チームアプローチ力」を高めることを目的として、教員・教育支援人材を対象とした研修プログラムを開発・実施しています。

平成28年8月6日には、この取組の一環として、「問題解決型ケース会議」の学習会を行いました。

「問題解決型ケース会議」とは、教員、管理職、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー、地域の関係機関の代表等から構成され、チームで子どもの問題解決に取り組み、①問題の明確化、②児童生徒の長所・強味の確認、③目標の設定、④支援方法の決定、⑤支援実施、⑥評価に至る一連の過程において、ファシリテーターやミーティングに参加したメンバーがどのように問題に取り組めばいいのか示唆してくれるプログラムです。

第一部は10時からスタートし、プロジェクトメンバーであり、本学生活科学講座の馬場准教授が「問題解決型ケース会議」の基本的考え方や、目標、会議の事前準備等について講義を行いました。

第二部では、参加者の内の数名が代表者となり、プロジェクト栗木専門研究員のファシリテートのもと、「問題解決型ケース会議」の全体での模擬会議を行いました。代表者以外の参加者は、その様子を見て会議の手法を学習しました。代表となったメンバーは、前述した手順で問題を明確にし、児童の長所・強味や、経済的要因等も含めた背景要因に目を向け、学校内でできる支援方法を見出し、その支援の評価基準も設定することができました。

第三部では、4グループに分かれ、「二部で行った模擬会議」の「③目標の設定」について議論しました。各グループからは、いろいろな視点に立った目標が出され、目標設定の多様なアプローチの必要性を提起する結果となりました。

参加者は、この模擬会議を通して、児童生徒の情報を収集しアセスメントすることで、家庭の様子や友達関係にまで視野に入れた支援を考えることができること、児童生徒への問題解決につながることを実感できたようです。

次回の「問題解決型ケース会議」学習会は、

10月30日(日)13:00-16:00

@東京学芸大学

で行います。

2 / 41234
  • twitter