東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト

ニュース

3/22(火)プロジェクトシンポジウムを開催します

今年度、東京学芸大学では、文部科学省特別経費「大学の特性を生かした多様な学術機能の充実」事業の「附属学校と協働した教員養成系大学による『経済的に困難な家庭状況にある児童・生徒へのパッケージ型支援に関する調査研究プロジェクト』」がスタートしました。

学習障害や経済的困難など様々な要因と複雑に絡み合う教育格差の問題に対し、総合的な支援・教育的アプローチを通して、貧困の連鎖を断ち切ることを目指しています。

今年度、様々な方々より研究へのご協力をいただき、事業を推進することができました。その成果報告という形で、プロジェクトの年次報告に関するシンポジウムを開催致します。

ご多忙のところとは存じますが、是非ともご出席を賜りますようご案内申し上げます。

シンポジウムへの事前申し込みはこちらからお願い致します。

申し込みフォームへ

 日  程:平成28年3月22日(火)14:00~17:00

会  場:東京国際フォーラム ガラス棟701会議室

定  員:90名

160216CCSS成果報告会チラシ2

(追記)当日参加者には、CCSSの平成27年度成果報告書が配布されました。報告書の詳細はこちらよりご覧頂けます。

 

学生募集は随時行っています

東京学芸大学では東京都足立区、小金井市との連携協定のもと、公立小・中学校での児童・生徒支援活動を行っております。そこで、この活動にかかわっていただけるCCSS学生メンバーの募集をしています。学生メンバーは子どもたちとの実際の関わりを通じて、多くのことを学ぶことができます。今後は学生メンバーを対象とした専門講義や研修会も行う予定です。皆さんの登録をお待ちしております。

小金井市と連携協定を結びました

国立大学法人東京学芸大学と小金井市は、文部科学省特別経費(プロジェクト分)を受けて行われる〈附属学校等と協働した教員養成大学による「経済的に困難な家庭状況にある児童・生徒」へのパッケージ型支援に関する調査研究プロジェクト〉の一環として、取組のための協定を締結いたしました。今後ともに、広く教育委員会等行政組織との連携やネットワークを作りながら本事業を進めたいと考えています。
取組に関するご質問等がございましたら,CCSS(児童・生徒支援連携センター)までお問い合わせください。

足立区と連携協定を結びました

国立大学法人東京学芸大学と足立区は、文部科学省特別経費(プロジェクト分)を受けて行われる〈附属学校等と協働した教員養成大学による「経済的に困難な家庭状況にある児童・生徒」へのパッケージ型支援に関する調査研究プロジェクト〉の一環として、取組のための協定を締結いたしました。今後ともに、広く教育委員会等行政組織との連携やネットワークを作りながら本事業を進めたいと考えています。
取組に関するご質問等がございましたら,CCSS(児童・生徒支援連携センター)までお問い合わせください。

第1回フォーラム開催しました

東京学芸大学では、2015年6月10日に「経済的に困難な状況 にある児童・生徒への教育支援を考える」と題してフォーラムを開催しました。子どもの貧困問題に詳しい首都大学東京の阿部彩先生をお招きし、会場の合同棟1階大教室には、80名を超える参加者が集まり、立ち見も出るほどの盛況となりました。

4 / 41234
  • twitter