東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト

概要

概要:目的、背景、内容、実施体制

目的

  • 東京学芸大学では,附属学校やその他の公立学校と協働して,社会的・経済的に困難な状況にある家庭の子どもを支援するためのモデルを構築するための調査研究を行います。
  • またこうした取組を通じて,「教育支援体験」のカリキュラムを開発し,教員・教育支援者養成において求められる質を高めることにも活用します。
  • この一連の流れの中で,人材の循環的な育成に資する仕組みをモデル化します。

背景

  • 現在社会の急激な変化に伴い,家庭環境の多様化・複雑化が進んでおり,経済格差などに代表される教育機会の不平等が広がっています。子ども期に,しっかりと護られ,個性を伸ばし,さまざまな学力を育成することは重要なことであり,そうした教育機会をすべての子どもたちに保障する取組が求められています。
  • また多様な課題を抱える児童・生徒が集まる学校において,教育実習とは異なる形で現場とかかわる「教育支援体験」を学生に提供し,現代的な教育課題を解決しようとする力を育むことは,教員養成大学における大きな課題の一つでもあります。
  • 本プロジェクトは,社会的・経済的に困難な状況にある子どもや,彼らを支える学校・家庭・地域に向けて,教員養成系大学・教育系学部とその附属学校が先導的・組織的機能を果たすモデルを開発するとともに,循環型の次世代教育を担う人材育成に取り組む点に特長があります。

内容

  • 本プロジェクトでは,「経済支援(必要経費・経費外の支援)」「家庭教育支援(チューター制度等を含む)」「個性伸長・応用力育成を含む学習支援(ICT等を利用した個別学習支援等を含む)」「放課後支援(学童保育)」「支援のためのチームアプローチの方法」等の効果的なあり方を実践的に研究開発します。
  • 学生が「教育支援体験」を積み,教員・教育支援者としての資質や能力を高めることができるように,「ワークスタディ」などの新しい工夫を加えながらカリキュラム開発を行い,支援と養成の2つの取組を一体化させるシステムを検討します。
  • 支援を受けた児童・生徒が将来成長し学生となった時に,その学生自身が支援者となる「支援の循環」を生み出すことを構想しています。
  • ある視点からの学術的な知見を生み出すだけではなく,実践的で包括的な,パッケージ化された効果の高い支援モデルを目指して,一定期間の継時的な取組を通し、調査・研究・検証を行います。

実施体制

  • 本プロジェクトを進めるために設置された「CCSS(児童・生徒支援連携センター)」を中心に,附属学校と地域の教育委員会、ならびに公立の連携協力校(小学校・中学校),さらには日本教育大学協会,全国国立大学附属学校連盟,全国国立附属学校PTA連合会と連携し,取組を進めます。
  • また本プロジェクトでは,取組の課題に応じて,ワーキングチームを発足させ,調査研究を実施します。
  • twitter