東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト

大学の学びと実践

 現在,社会変化に伴う家庭環境の多様化・複雑化が進んでおり,経済格差を代表とした様々な格差による教育機会の不平等が広がっています。子ども期に,しっかりと護られ、個性を伸ばし,さまざまな学力を育成することは重要であり,そうした教育機会をすべての子どもたちに保障する取組が求められています。
 そうした中で,多様な課題を抱える児童・生徒が集まる学校において,教育実習とは異なるかたちで現場とかかわる「教育支援体験」を積み、現代的な教育課題を解決しようとする力を身につけることは,教員や教育支援者になるために必要なことです。
 本プロジェクトでは,CCSS(児童・生徒支援連携センター)を中心として,附属学校や公立学校での学生教育支援活動を推進しています。学校現場に入ることで,大学で学んだ知識や技能が,さらに深い学びとなります。学生教育支援活動へのご参加は随時募集中です。ぜひCCSSまでお問い合わせください。

大学の学びと実践について

kyouikushien 教員あるいは教育支援者が学校現場で求められる知識や技能はさまざまです。また学生時代に皆さんが実践的な教育支援活動に参加することで,社会的・経済的に困難な状況にある子どもたちが,一人でも多く,希望や夢に溢れる人生に歩み出せる可能性があります。本プロジェクト,CCSS児童・生徒支援連携センターでは,学生の皆さんが,学校現場で学び活躍する場を提供します。当センターでは,皆さんが大学で習得した知識,技能を活かしながら,学校現場で経験を積み,より実践的な学びを習得できるよう全力でサポートします。

  • twitter