東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト

第4回SSWスタンダード学習会を開催します!

パッケージ型支援プロジェクトでは、生活資源の不足状況にある子どもたちを支援するためのスクールソーシャルワーク、校内支援体制構築に関する研究開発に取り組んでいます。
平成29年度は、プロジェクトの成果物である「スクールソーシャルワーク実践スタンダード(試用版)」および「スクールソーシャルワーク実践スタンダードに基づく評価票」に関する学習会を開催しています。
第4回の学習会の開催が決定しました。
日時 2017年12月10日(日) 13時~17時
会場  東京学芸大学 (東京都小金井市貫井北町4-1-1) N棟106教室
詳細は、以下をご覧ください。
 
(生活科学講座:馬場 幸子)
パッケージ型支援プロジェクトでは、生活資源の不足状況にある子どもたちを支援するためのスクールソーシャルワーク、校内支援体制構築に関する研究開発に取り組んでいます。
平成29年度は、プロジェクトの成果物である「スクールソーシャルワーク実践スタンダード(試用版)」および「スクールソーシャルワーク実践スタンダードに基づく評価票」に関する学習会を開催しています。
第3回の学習会の開催が決定しました。
日時 2017年10月1日(日) 14時~17時
会場  東京学芸大学 (東京都小金井市貫井北町4-1-1) S棟106
内容 「事例検討でのスタンダード利用」
第2回に続き、スタンダードの冊子を使って、事例検討を行います。
第2回学習会に参加されなかった方は、ぜひ、普段の事例検討との違いを体感してください。きっと新たな発見が得られることでしょう。
前回ご参加だった方も、是非ご参加ください。定期的に、たくさんの仲間とともに、スタンダードを用いて事例検討することで、実践力を高めていただければと思います。
対象  スクールソーシャルワーカー、学校・教育委員会関係者(教員、管理職、指導主事など)、その他関連職種の方
申し込み 氏名、所属、職名、連絡先をssweducare@gmail.comに送信ください。
 
注意事項
29年度第1回、第2回スタンダード学習会に参加された方は、必ずご自身のスタンダードの冊子をお持ちください。初めてご参加の方には、冊子をお分けします。
(生活科学講座:馬場 幸子)
パッケージ型支援プロジェクトでは、生活資源の不足状況にある子どもたちを支援するためのスクールソーシャルワーク、校内支援体制構築に関する研究開発に取り組んでいます。
平成29年度は、プロジェクトの成果物である「スクールソーシャルワーク実践スタンダード(試用版)」および「スクールソーシャルワーク実践スタンダードに基づく評価票」に関する学習会を開催しています。

2回SSWスタンダード学習会は、79()14001700です。

テーマは、「事例検討でのスタンダード利用」です。

支援中のケースで対応が行き詰ってしまった時や、支援が中断してしまった時、「どうすればよいのか」「どうしたらよかったのか」を考えるために事例検討を行います。また、「SSWはどのような支援をしてくれるのか」の質問にこたえる際に、事例を提供し、説明することもあります。

「『スタンダード』を片手に事例を読むと、何が見えてくるか」を、一緒に体験的に学習してみましょう。

CCSSSSW関東学習会(http://educare.web.fc2.com/)との共同開催となります。

学習会にご参加くださった方には、お1人につき1冊、スタンダードの冊子をお分けいたします。なお、学習会でのディスカッション記録等は、研究データとして活用させていただきます。

多くの方のご参加をお待ちしております。

(連絡先:生活科学講座 馬場幸子)

「子ども食堂をつくろう!人がつながる地域の居場所づくり」(明石書店)やNHK「クローズアップ現代 おなかいっぱい食べたい~緊急調査~子どもの貧困」(2014.9.25放送)で有名なNPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク・事務局長 天野 敬子氏をお招きして第2回「プロフェッショナルと元気に学びあう貧困学習講座2017」を開催しました。

当日は、大学教員、公立小・中・高学校教員、近隣の市区教育委員会担当者、心理士、SSWr日頃より子ども支援にあたっている市民、学生など約50名ほどの方々が参加しました。

講座は「ワールド・カフェ」形式で行われました。参加者は「居場所って何だろう?」というテーマで意見交換をしながら、経済的に困難な家庭状況にある子ども達の心情に思いをはせ、彼らにとってどのような居場所が必要なのだろうということを考えました。

多くの参加者からは「居場所」に必要な要因は「温かく見守ってくれる人」「安心・安全が確保されている場」「話を聞いてくれる人がいる場」「自分のままでいられる場」「時には一人でいたい時でもいられる場」「嫌なことがことがあったら逃げ込める場」等意見が出されました。教員からは学校に教室の他、保健室、相談室など子どものニーズに応じた居場所を学校内に保証することも大切だという意見も出されました。

地域でボランティア活動をしている市民からは「見守り支援」の大切さが語られる中で「地域で自由に使えるフリースペースが欲しい」という意見も出され、地域の中での子どもの居場所づくりの必要性が語られました。

最後に 講師の天野氏より「(みんが)おせっかいの連鎖をして、子供達を温かく包み込みましょう!」というお話がありました。

温かな雰囲気の中で深い学びができた時間となりました。

また、講座終了後の交流会にも多くの参加者が出席し、天野先生を囲んで率直な意見交換が行われました。

 

過去の学習会の様子

 

 

東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト 児童・生徒支援連携センターでは、SSW関東学習会と共催で、「問題解決型ケース会議学習会(初級編)」を開催します。

問題解決型ケース会議とは、教員、管理職、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー、地域の関係 機関の代表などから構成さ れ、チームで子どもの問題解決に取り組み、1問題の明確化、2ゴールの設定、3介入方法の決定、4介入、5評価に至る一連の過程において、ファシリテーターやミーティ ングに参加したメンバーがどのように問題に取り組めばいいのかを示唆してくれるプログラムです。

学習会では、貧困が背景にある事例(架空)を使って模擬会議をします。

この学習会は、「初級編」ということで、初めてケース会議を学ぶ人に適した内容になっています。

詳細は、問題解決型ケース会議学習会案内 20170610

をご覧ください。

 

また、プロジェクトの成果物である「スクールソーシャルワーク実践スタンダード(試用版)」および「スクールソーシャルワーク実践スタンダードに基づく評価票」に関する学習会は、第2回を78()14001700に行います。

テーマは、「事例検討でのスタンダード利用」です。

支援中のケースで対応が行き詰ってしまった時や、支援が中断してしまった時、「どうすればよいのか」「どうしたらよかったのか」を考えるために事例検討を行います。また、「SSWはどのような支援をしてくれるのか」の質問にこたえる際に、事例を提供し、説明することもあります。

「『スタンダード』を片手に事例を読むと、何が見えてくるか」を、一緒に体験的に学習してみましょう。

↓詳細は専用ページへ↓

スクールソーシャルワーク実践スタンダード(試用版)が完成しました

多くの方のご参加をお待ちしております。

(連絡先:生活科学講座 馬場幸子)

最新ニュース

2017:10:12:10:20:21

第4回SSWスタンダード学習会を開催します!

2017:09:11:11:42:51

第3回SSWスタンダード学習会を開催します

2017:06:27:15:48:06

第2回SSWスタンダード学習会を開催します

2017:05:31:10:51:50

「子どもの居場所づくり」

2017:05:28:07:47:27

「問題解決型ケース会議学習会」(初級編)を開催し・・・

2017:05:09:17:08:18

【八王子市】貧困と学校教育・教育支援に関する校長・・・

2017:04:22:18:16:57

【湯浅誠さん】第1回公開学習講座を開催しました

2017:03:05:21:14:42

スクールソーシャルワーク実践スタンダード(試用版・・・

2017:03:01:12:07:57

「プロフェッショナルと元気に学びあう"貧困"学習・・・

2017:02:23:10:50:22

平成28年度成果報告シンポジウムを開催しました!

2017:02:05:19:42:17

平成29年度東京学芸大学放課後児童クラブ入所者募・・・

2016:08:03:10:41:26

2016CCSS研究会Vol.1を開催します。

2016:06:20:15:29:40

6/19(日)小金井市公開シンポジウムを開催しま・・・

2016:06:08:09:55:50

小金井市公開シンポジウムを開催します

2016:05:18:10:30:22

毎日新聞にて小金井市での学習支援活動の取組が紹介・・・

2016:04:22:17:07:25

平成27年度パッケージ型支援プロジェクト報告書を・・・

2016:04:12:13:55:20

日本教育新聞にてプロジェクトの調査結果が紹介され・・・

2016:03:24:12:14:37

3/22(火)プロジェクトシンポジウムを開催しま・・・

2016:02:17:17:07:47

3/22(火)プロジェクトシンポジウムを開催しま・・・

2016:01:05:10:52:23

学生募集は随時行っています

2015:07:24:10:52:12

小金井市と連携協定を結びました

2015:07:07:10:51:57

足立区と連携協定を結びました

2015:06:10:10:53:13

第1回フォーラム開催しました

  • twitter